民事再生とは?

民事再生は、借金の返済方法を見直すことができる手続きです。

 

特徴としては自己破産のように債務を全て免除して貰えることはないですが、住宅などの最低限の財産は保持したままの返済が可能となります。

 

その場合の返済額は個人差はありますが大幅に減額して貰うことができます。

 

借金の元本を一部圧縮

 

民事再生をすると、借金の元本を一部圧縮してもらうことができます。
どのぐらい圧縮して貰えるかは以下の通りです。

 

借金の額         圧縮基準
100万円未満         圧縮されない
100万円〜500万円未満     100万円まで圧縮できる
500万円〜1,500万円未満     借金の額の5分の1まで圧縮できる
1,500万円〜3,000万円未満 300万円まで圧縮できる
3,000万円〜5,000万円未満 借金の額の10分の1まで圧縮できる

 

借金の利息の免除

 

民事再生の手続きを行うと、今後の返済については利息を支払う必要がなくなります。
例えば、いま300万円の借金を抱えていらっしゃる方が、民事再生の手続きをして、100万円まで借金が圧縮されるとします。
すると、今後は300万円だけの借金額を支払っていけばよい、ということになるのです。

 

借金が膨らんでいく原因としては、主に「利息の支払い」が大きな負担となっていることが考えられます。
特にヤミ金などは利息が規定以上の場合も多いので利子により膨大になった借金に苦しんでいる方も少なくはありません。
民事再生をすると、利息の支払いに追われることがありませんので、借金の額が確実に減っていくことになります。

 

3年間の分割支払い

 

民事再生はそれぞれの貸金業者に原則3年間の分割で借金を完済する、という内容の手続きです。
しかし、家計の状況からみて、どうしても3年の分割では返済できそうにない、という場合は、裁判所に許可を貰えば5年の分割とすることも可能です。

 

3年間ならば3年間と、借金の完済時期がはっきりしますので、民事再生をすれば金銭的にも精神的にも楽になるでしょう。
今後の家計の計画(進学、結婚、引越しなど)も組みやすくなると思います。

民事再生記事一覧

民事再生の申立てを行う場合は裁判所に費用を収めます。通常、民事再生など債務整理の手続きは司法書士や弁護士に依頼するものなので依頼料も納めることになるでしょう。裁判所に納める費用地方裁判所に民事再生手続きの申立てをするのに必要となる費用は予納金、郵券代、郵送代と合算して20000円程となっています。場合によっては、個人再生委員が選任され、再生委員への報酬として15万から30万円の費用が必要となること...
民事再生の申し立てをしてから手続きが終了するまでにはだいたい半年くらいの期間が必要です。【地方裁判所に申し立て】  ↓【再生審問】  ↓【再生計画案提出】  ↓【再生計画の許可】  ↓【支払い開始】という流れになっています。これは民事再生手続き開始から再生計画を裁判所に認可してもらい、決定確定するまでの期間です。司法書士事務所を選んだり相談したりする手間を考えるともう少し時間が掛かるでしょう。しか...
民事再生手続きを行う場合に気を付けなくてはいけない点がいくつかあります。連帯保証人について債務の圧縮住宅を担保にしている場合税金の滞納などの点については十分の注意が必要です。では詳細をひとつひとつ説明していきましょう。連帯保証人について借金をする際に連帯保証人を付けることがまれにありますが、そういう方が民事再生の手続きをすると、連帯保証人の方にも影響が及ぶことになります。主債務者(貸金業者から借金...

このページの先頭へ戻る