任意整理を検討中の方が知っておいた方が良いポイント!

任意整理という手続きにはいくつか気を付けなくてはいけない点があります。

 

商品を購入した際のローン

 

商品を購入した際のローンについて任意整理を行うと、商品をローン会社に返却しないといけない可能性があります。
一番多い例が車のローンでしょう。つまりカーローンを組んでいると任意整理の際に愛車を手放さなくてはならなくなります。

 

車をはじめとする高額な商品でローンを組んだ場合には返済するまでの間の所有権はローン会社に委ねられることとなります。
商品の所有権とは商品を自由に、使用・収益・処分できる権利なので、最悪自分の手には二度と戻ってこなくなる恐れがあります。

 

この規則を所有権留保といいます
もしもローンが残っている所有物を手放したくない場合はローン任意整理の手続き対象から除外する必要があります。

 

お持ちの商品に所有権留保がなされているかどうかを確認したい場合は、車検証の「所有者」の欄を確認下さい。
所有権留保が適応されている状態ですと使用者の欄にローン会社の社名が入っているはずです。

 

 

不動産が担保になっている借金

 

不動産担保ローンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
借金額が高額の場合には銀行等の債権者に、土地やマイホームといった不動産を担保として提供するという内容のローンです。
この不動産担保ローンを組むと高額の借金が可能な代わりに、借金の返済が滞った場合、債権者は指定の不動産を処分し借金の返済の代わりとすることができます。

 

もし任意整理をお考えの方が、不動産担保ローンを利用されていらっしゃる場合は、任意整理を行う上で重要になってきますので、
手続きを行うまえに司法書士にその旨を伝えるようにして下さい。

 

 

連帯保証人がついている借金

 

連帯保証人がついている借金について任意整理を行うと、業者から連帯保証人に対し請求がきてしまいます。
任意整理をお考えの方で、連帯保証人付きの借金をしている場合は、手続きを行う前にあらかじめ保証人の方に説明をしておいて下さい。
もし、連帯保証人の方も、今後借金の返済が難しいということでしたら、連帯保証人の方も何らかの債務整理手続きをとることも可能です。

 

注意点が多くて分かり難いとは思いますが、手続きを恙無く終えるのには必要なことなので、不明確な点は事前に調べておきましょう。
自分では分からないことについては司法書士や弁護士に相談すれば、現在の状況や確認方法を教えてくれるはずですよ。

任意整理の注意点関連ページ

任意整理の費用
任意整理の手続き時間

このページの先頭へ戻る