任意整理の手続きに必要な時間

任意整理は裁判所に出向くこともありませんし、書類を提出して許可確定してもらう工程もありません。

 

債務業者や債権者と交渉し、和解契約を結ぶという手続きなので、一件一件にかかる時間はまちまちです。

 

交渉がスムーズにいけば短期間で終了しますし、途中で債権者と裁判を挟んだりする事態になれば当然期間は延長されるでしょう。

 

目安としては通常では、依頼した弁護士や司法書士が債権者に受任通知(代理人として取引明細を請求する通知)を送ってから2、3ヶ月で取引明細が揃うようです。

 

送られてきた取引明細をもとに、利息制限法による引き直し計算を行います。

 

借金の正確な額を出した後、その借金を月々いくら、何回の分割払いで返済していくか、という点を交渉して決めていくことになりまので、

 

交渉にかかる時間は、個人の借金の状態、生活の状況によって異なってくるのです。

 

事務所によっては随時報告をしてくれる良心的なところもあります。

 

2、3ヶ月というと人によっては長いと思うかもしれませんが、司法書士に依頼されてから、和解契約を結ぶまでの間は、債権者への返済や取り立て督促はストップします。

 

これは法律で定められていることなので、催促が止まるのは精神的にもだいぶ楽になると思います。

 

お悩みの方はいち早く借金問題の専門家へご相談下さい。

任意整理の手続きにかかる時間関連ページ

任意整理の費用
任意整理の注意点

このページの先頭へ戻る