特定調停とは

特定調停というと自己破産などに比べあまり知られていない手続きかと思います。

 

特定調停というのは今後の債務の返済が難しいという場合に裁判所に申し立て、借金の調整をしてもらえるという手続きです。

 

申し立てをすると、調停委員に債権者との間に入ってもらうことになり、今後の借金の返済方法について話し合いを行っていきます。

 

調整の内容としては借金総額の減額や、無理のない分割を可能とした返済計画の許可などです。

 

この手続きを利用する方は、自己破産や民事再生を行うほど借金の返済に困ってはいないけれど、

 

結婚の予定が控えているなど、そういった理由の為に1日も早く完済したい、返済の負担を少しでも小さくしたいという事情の方が多いようです。

 

利息制限法による引き直し計算

 

消費者金融などの貸金業者から借金をしている場合、法律で定められた上限利率を超えた利息をとられている可能性があります。
特にヤミ金などでは膨大な利子がかけられていることも多いのでご注意下さい。

 

借金の額と利息制限法の上限利率

 

10万円未満・・・20%

 

10万円〜100万円・・・18%

 

100万円以上・・・15%

 

この法律で定められた上限利率とは、いわゆるグレーゾーン金利のことをいいます。
数年前からグレーゾーン金利が社会的に大きな問題となりましたが、
平成22年に貸金業法が完全に施行されることで、グレーゾーン金利が撤廃されることとなりました。

 

現在では撤廃されているのですが、過去の取引については、グレーゾーン金利だったところが多いため、
最初の取引から現在にいたるまでの取引明細を取り寄せ、利息制限法の引き直し計算を行うことで、いまある借金の額を減らすことが可能となるのです。

 

今後の支払いに関する利息のカット

 

特定調停では、調停委員が債権者に対して、今後の返済に関する利息をカットする形で和解に応じるよう働きかけてくれます。
債権者が利息のカットに応じてくれる場合は、今後返済額は本来の借金額のみ、ということになります。
利息は思っている以上に高額になっていますので、利息カットの交渉をしてくれることで相当負担が減り、生活も楽になることと思います。

特定調停記事一覧

特定調停の手続きはご本人自ら行うのが通常です。もちろん弁護士や司法書士に依頼することは可能ですが、依頼をするとその分の費用はかかってしまいます。主な費用は裁判所に特定調停の申し立てをする際に必要な特定調停申立貼用印紙の代金、予納郵券の代金などです。・特定調停申立書貼用印紙300円〜500円・予納郵券(切手)500円〜1,450円※債権者が1社増えるごとに +約250円あくまでこの数字は目安と考えて...
特定調停という手続きはあまり世間に知れ渡ってはいないようですが、他の債務整理と比べどんな特徴があるのでしょうか。まず、この手続きは利用できる方とできない方がいます。減額後の借金を3年間、または5年間で返済していける方。継続して収入を得る見込みのある方。完済期間に限りがあるので、債務の残高が大きすぎて自分の支払能力以上になってしまうという場合や、現在無収入で生活もままならない状態であり、返済していく...
特定調停の手続きを行うには色々と揃えなくてはいけないものがあります。特定調停を申立てる裁判所によって、多少異なる可能性がありますが、だいたいの場合、以下の書類が必要になります。戸籍謄本本籍をおいている市区町村の役所で請求すれば手にはいります。。住民票現在、住民登録をしている市区町村の役所で請求して下さい。請求の際には家族全員が載っているものをお願いします。借金した際の契約書、明細書裁判所で調停委員...
特定調停の手続きには気を付けて欲しい注意点があります。裁判所に出向く必要がある。特定調停を行う場合には、裁判所に出向いていただく必要があります。本人の借金の状態、クレジット会社の数によっては何回も出向くことになるでしょう。裁判所は平日の日中しか開庁していませんので、平日の日中にお仕事をされている方にはご負担になってしまうかもしれません。どうしても都合が付かない方は、司法書士や弁護士に依頼し、代理を...

このページの先頭へ戻る