特定調停の費用

特定調停の手続きはご本人自ら行うのが通常です。

 

もちろん弁護士や司法書士に依頼することは可能ですが、依頼をするとその分の費用はかかってしまいます。

 

主な費用は裁判所に特定調停の申し立てをする際に必要な特定調停申立貼用印紙の代金、予納郵券の代金などです。

 

・特定調停申立書貼用印紙
300円〜500円
・予納郵券(切手)
500円〜1,450円

 

※債権者が1社増えるごとに +約250円

 

あくまでこの数字は目安と考えて下さい。
費用は簡易裁判所の管轄によって多少異なってきます。正確な費用額を知りたいという方は直接、裁判所にお問い合わせ下さい。

 

特定調停は費用が安いという点もメリットの一つとなります。

 

確かに自分の力で全ての手続きが完了してしまえば費用は浮きますが、どうしても不安だという方は弁護士、司法書士に依頼してみるのも悪くないと思います。

 

依頼した際の代金は事務所の方針によって差がありますが、だいたい債権者1社につき2万から4万程となっているようです。

 

実際に依頼しなくとも事前の相談なども受け付けているはずなので、迷っている方は気軽にお電話下さいね。


このページの先頭へ戻る